女性活用推進法・次世代法に対する当社の取り組みについて

当社では、労働生産性とワーク・ライフバランスを重要視し、社員自ら人生設計に合わせて働き方やキャリアを選択できる職場作りを推進し、女性活用はもちろんのこと、育児/介護中の社員・シニア世代を含め多様な人材が存分に力を発揮できるよう、以下の取り組みを行っています

1.計画期間

2016年4月1日〜2019年3月31日

2.当社の課題

課題1:男女の採用比率が50%、男女別の勤続年数も僅差であるが、マネージャー(課長級以上の組織管理者および
同等の職務従事者)に占める女性比率は、2016年4月1日現在20%弱にとどまっている
課題2:部門により男女比に格差があり、女性比率の全社平均では約35%である

3.目標

マネージャーに占める女性割合を30%以上にする
全社における女性比率を40%以上にする

4.計画内容と実施時期

今後の取り組み1: 新制度の導入または既存制度の改訂

多様な働き方を実現する制度作りを行います

2016年4月 下記の諸制度を試験導入
►正社員短時間勤務制度
►キャリア・チャレンジ制度
►営業職の勤務地限定制度
►ノマド・ワーカー制度
►ステップ・オフ制度

2016年4月 下記の制度改訂を試験実施
►定年後再雇用制度における上限年齢の撤廃
►介護休職期間の延長
►副業禁止規程の緩和

今後の取り組み2: 各種制度の周知徹底と育成

さまざまな啓蒙活動を推進します
2016年4月〜  各種制度に関し、イントラネット・社内報等を通じた社内啓蒙活動の強化
2016年4月〜  マネージャー研修他各種研修の強化とネットワーキング活動の支援
2016年8月〜  プレ・マネージャー研修の実施

今後の取り組み3: 長時間労働に対する対策

労働時間ではなく生産性を重視し、労働時間に対する取り組みを強化します
2016年4月〜  部門毎の時間外勤務・休日勤務削減プランの策定及び実施
2016年4月〜  振替休日・代休取得の継続的促進
2016年8月〜  有休計画付与の実施

今後の取り組み4: 女性営業職・マネージャーまたは専門職の積極的採用

啓蒙活動と共に、積極的な採用活動を推進します
2016年4月〜  各種制度や本取り組みについての社内外への啓蒙活動
2016年4月〜  女性非正規雇用者の継続的正社員化促進
2016年12月〜  2018年新卒採用計画の策定

5.本計画直前の主な実績

2015年4月   新卒採用の75%を女性採用
2015年1〜12月 正社員採用のうち50%を女性採用
2015年12月   トップマネジメントによる労働生産性重視に関するメッセージの発信
2015年12月   有休促進日の設定開始
2016年1月   フレックスタイム制度のフレキシビリティ拡張、振替休日取得促進

以上

ページ先頭へ戻る