概要・沿革

概要

創業
1927年11月
設立
1948年10月
資本金
6億8千万円
従業員
370人
代表者
代表取締役社長 小野田 充利
事業内容
医薬品および歯科用医療機器・材料の製造および輸入販売
取得薬事営業許可
・第一種医薬品製造販売業
・第一種医療機器製造販売業
東京本社所在地
〒106-0041 東京都港区麻布台1-8-10 偕成ビル
TEL:03-5114-1001(代表) FAX:03-5114-1041

沿革

1927年
三金電化究所創業。時計関連の材料輸出入。
1930年
三金電化研究所を解散し、三金研究所を設立。白色合金の特許取得。
1931年
装身具、眼鏡フレーム合金素材として「サンプラチナ」(通称「サンプラ」/昭和天皇愛用の眼鏡にも使用)を開発。商標SPM登録。
1932年
歯科材料の生産・販売開始。
1935年
「サンプラチナ」の販売会社、三金歯科金属合名会社を設立。
1948年
三金工業株式会社に改組。
1987年
川西・東京・埼玉工場を統合し、那須工場建設(栃木県)。
1992年
デグサ社(ドイツ)の資本参加によりデグサ・デンタル・グループのメンバーとなる。研究所を那須に移転。
1995年
ISO9002-1994/BNEN ISO9002:1994/ZN29002-1994/JIS取得。
2002年
デンツプライ・インターナショナル・インク(米国)の資本参加により、世界最大手の歯科材料会社デンツプライ・グループのメンバーとなる。
2004年
組織、オフィス、物流、流通体制の変更等の広域なBPR実施。
2005年
ISO 13485取得。日本で初めて歯科分野で実用化されたジルコニア セラミックスの販売許可を取得。
BDNFを用いた歯周再生プロジェクトを開始。
2007年
セルコン スマート セラミックス システムを活用した歯科治療の新しいビジネスモデル「セルコンデンタルネットワーク」を開始。
2008年
ジルコニア素材を使用したプレミアム歯列矯正治療器具を開発。
2009年
デンツプライ・グループの持つCAD/CAM技術と工業用CAD/CAM技術を包括的に統合(C3D 技術)。ジルコニア フレームに加圧セラミックスの差し歯やブリッジの新しい製造法を確立。
2010年
先端CAD/CAM技術の普及のため、デンツプライ・グループ戦略技工所とともにC3D戦略を全国展開。
2011年
デンツプライ本社がアストラテック事業を買収。
2012年
"銀歯から白い歯へ!"をキャッチコピーとして「セルコンZ冠」を発売、初年度10万本突破。
2013年
6月に弊社インプラント事業部を100% 子会社であるデンツプライIH 株式会社へ事業譲渡。
2014年
9月に1〜5番 (前歯/小臼歯) メタルフリー修復用、高強度歯冠用硬質レジン、健保適用製品「ミヤビ」を発売。
2015年
デンツプライ三金株式会社、デンツプライIH株式会社、並びに株式会社三金ラボラトリーの三社が、デンツプライ三金株式会社を存続会社として合併。
ページ先頭へ戻る