クラーク氏 がデンツプライ・インターナショナル社の社長 兼COOに

クリストファー・T・クラーク氏が2009年1月1日付 でデンツプライ・インターナショナル社の社長 兼COOに選任された。 クラーク氏は2007年1月から2008年12月までデンツプライ・インターナショナル社の上級副社長 兼COOとして在任。

1992年 9月、クラーク氏は、補綴部門のマーケティング担当取締役としてデンツプライに入社し、副社長 兼 同部門の責任者に昇進した。 さらに3年後、副社長 兼、世界市場向けの米国・ドイツ・イタリアにおけるデンツプライ全社画像事業の責任者に昇進。
そして、2003年1月、上級副社長に昇進し、事業開発や戦略立案に加え6箇所の主要な生産拠点と米国、ヨーロッパ、日本にある10以上の販売拠点に関する事業の責任、その他の広範な責務を負ってきた。 また、同氏は、米国における6つの事業の工場・販売管理機能をさらに効率的で相乗作用を有するまとまった組織とするため、デンツプライの北米地域の体制作りを指揮した。

デンツプライ入社前、クラーク氏はP&G社でクレスト歯磨粉のブランド マネージャーを含む管理職を歴任した。

同氏はハーバード大学で経済学士号を、コロンビア大学院でマーケティングおよび金融のMBAを取得している。

戻る

トップへ戻る